使用説明書

1zpresso K-max Manual Coffee Grinder

使用説明書 – K シリーズ

ガイドブック – K シリーズ 手挽きコーヒーミル 目次 使用ガイド 原点までダイヤルを反時計回りに回す。 調整可能範囲は合計で約1周半で、1周で9 0クリックがあり、各段階0.022mmの単位で調整できる。時計回りに回して粉が粗くなる。 様々な淹れ方についた挽き目設定はガイドを参照してください。 コーヒー豆をホッパーに入れ、ハンドルを時計回りに回して挽きます。 ミルを分解および再組み立てした後は、説明に従ってゼロ点調整してください。 分解手順 (K-Plusで展示する) 警告: 手順3まで外刃を緩めないで ください。 ダイヤルを最も緩める状態まで時計回りに回す。 刃をボトムから押さえながら、ネジを反時計回りに取り外す。 内刃と軸、バネと下ベアリング蓋を外す。 外刃とダイヤル本体を時計回りに緩める(逆ねじ設計)。 ミルを水洗しないでください。ブラシとブロワーで掃除することをお勧めします。 組立手順 ダイヤル本体を最もきつくするように反時計回りに取り付けてから、ダイヤルおを最も緩める状態まで時計回りに回す。 外刃を時計回りに取り付ける。 バネと下ベアリング蓋を順に軸に取り付けて、本体の下から通す。 (※下ベアリング蓋は出っ張りのある方が上向き) 刃を下から押さえながら、ベアリングとベアリング蓋をはめていく。 刃を下から押さえながら、ネジを時計回りに少し回す。 警告 以下の部品は工具で調整されているため、これ以上分解しないでください。 内刃と軸 外刃 ダイヤル ベアリング ゼロ点調整手順 ゼロ点調整の原理は、ダイヤルを一番締めた状態でドットがゼロ番号と合わせるようにネジを締めたり緩めたりすることです。 ネジと挽き目ダイヤルを締めた強さによっては、数クリック以内。 ゼロ点調整手順 ダイヤルを反時計回りに締め、内部の隙間が完全に閉じていることを確認する。 ドットが0番号の右側にある場合は、ダイヤルを時計回りに少し緩め、下から刃を押しえながらネジを反時計回りに緩める。そしてまたダイヤルを締める。 ドットが0番号の左側にある場合は、ドットと0番号に合わして、下から刃をグッと上にあがりながらネジを締める。(きつすぎたらダイヤルを時計回りに少し緩めてからネジを締める。) ドットが#0と合わせるまで、手順1と2を繰り返してください。 注意事項 水洗しないでください。 分解できる部分を水とアルコール以外の溶剤で拭かないでください。 乾燥した環境に保存したら耐用年数を延ばします。 説明書にて組み立て、部品を正しい位置に配置してください。 安全の為、6歳未満の子供は使用禁止。 ダウンロード

Barista holding a JX Grinder

使用説明書 – J シリーズ

ガイドブック – J シリーズ 手挽きコーヒーミル 目次 使用ガイド 内部調整式のミルを最も締め込んだ状態から粒度調節し始めます。 まずハンドルを押さえて軸を固定する。 ネジを最も締めこんだ状態を原点として、そこからクリック数を数えていきます。注:原点は0ではない場合があります。 原点から反時計回りにまた原点まで回したら、一週ということです。 1週で10数字・30クリックがあり、内刃が0.75mm下がります。一つの数字は0.075mmで、一つのクリックは0.025mmです。 使用時間・分解回数・軸のネジ・残った粉により、原点が異なる場合があります。 様々な淹れ方については、挽き目設定のガイドを参照してください。 コーヒー豆を入れて、時計回りにハンドルを回します。 分解手順 注意:手順2まで外刃を緩めないでください。 ハンドルを押さえしながら、反時計回りにネジを外す。 ネジ・ダイヤル・バネ・下ベアリング蓋を外す。 外刃を時計回りに回します(逆ねじ)。 ミルを水洗しないでください。ブラシとブロワーで掃除するこはお勧めです。 組立手順 外刃を最もきつくするように反時計回りに締めます(逆ねじ)。 部品を正しい順で戻します。 下ベアリング蓋(凸起のある方がベアリングに向け)、バネ、内刃、ダイヤル。 ハンドルを押さえしながら、時計回りにネジを締めます。 警告 以下の部品は工具で調整されているため、これ以上分解しないでください。 軸 外刃 ベアリング 注意事項 水洗い不可。 分解できる部分を水とアルコール以外の溶剤で拭かないでください。 乾燥した環境に保存したら耐用年数を延ばします。 説明書にそって組み立て、部品を正しい位置に配置してください。 安全の為、6歳未満の子供は使用禁止。 ダウンロード

jmax grinder

使用説明書 – J-Max

ガイドブック – J-Max 手挽きコーヒーミル 目次 使用ガイド 挽き目調整 ミルは箱から出してすぐに使用できます。 ハンドルが大きく動かない原点まで、ダイヤルを反時計回りに回します。 #0は挽き目マークと合わせ、ダイヤルの下端が挽き目マークの上端に接触します。 ピラミッド型の挽き目マークは、周数を示す複数の正方形で構成されており、粗い設定を行うと小さくなります。 合計で4周半があり、1周で9 0クリックがあります。クリックずつ、内刃が8 . 8ミクロン移動します。 挽き目設定は下記を参照してダイヤルを時計回りに調節してください。 トルココーヒー : 70 クリック エスプレッソ:120 クリック エアロプレス・モカポット・ドリップコーヒー:190 クリック ポアオーバー・サイフォン:270 クリック フレンチプレス:360 クリック様々な淹れ方についた挽き目設定はガイドを参照してください。 握りやすくなるため、ゴムバンドをミルに取り付けることをお勧めします。 コーヒー豆をホッパーに入れ、ハンドルを時計回りに回して挽きます。 ミルを分解および再組み立てした後は、説明に従ってゼロ点調整してください。 分解手順 警告: 手順3まで外刃を緩めないでください。 挽き目ダイヤルを時計回りに約2周緩め、刃を押さえながら、ネジを反時計回りに取り外します。 上ベアリング蓋と上ベアリングを外します。 内刃と軸、バネと下ベアリング蓋を外します。 外刃を前に回します(逆ねじ)。挽き目ダイヤルの分解はお勧めしません。 ミルを水洗しないでください。 ブラシとブロワーで掃除することをお勧めします。 組立手順 外刃を最もきつくするように後ろに向けます(逆ねじ)。 外刃を反時計回り回して、ゼロの下端を挽き目マークの上端に合わせます。 部品を正しい順で戻します。 下ベアリング蓋(突起がある方が上)、バネ、軸と内刃。 上から上ベアリングを入れます。 上ベアリング蓋を戻します(ドットのついた方が上)。 刃を押さえながら、ネジを時計回りに締めます。それでゼロ点調整完了。 警告 以下の部品は工具で調整されているため、これ以上分解しないでください。 内刃と軸 外刃 ベアリング ビデオチュートリアル 注意事項 水洗しないでください。 分解できる部分を水とアルコール以外の溶剤で拭かないでください。 …

使用説明書 – J-Max Read More »

Shopping Cart

Refunds

(For example: JX $129 + Shipping $10 = Total $139)

If YouYou’ll Receive
Cancel before an item is shippedfull refund (item’s price + shipping)
= $139
Return an item in original condition within 7 calendar days from the date you received it100% of the item’s price
= $129
Return an item in original condition over 7 calendar days from the date you received it80% of the item’s price
= 129*0.8 = $103.2

*Any customs duty or relevant charges incurred will be deducted from the refund. (The table above does not include additional charges.)

 

*A refund request over 7 calendar days from the date you received an item will be refunded partially (80% of the item’s price) and might be denied since the item has been used.